Just Another Day

アクセスカウンタ

zoom RSS スーパーヒーロータイムの感想 8.6

<<   作成日時 : 2006/08/07 15:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 0

 『轟轟戦隊ボウケンジャー』第23話。今回はブルーが主役なので恒例のスパイ関連シナリオ。昔の相棒で先輩だった鳥羽が登場し、クエスターと組んでサージェスのプレシャスを狙う。この鳥羽を演じるのが実写版セーラームーンでクンツァイトを演じていた窪寺昭、どおりでギョロ目に見覚えがありました。

 サージェスのプレシャス保管場所が分からないのでブルーを拉致し、記憶を映し出そうとするも、ブルーのエロ情報が邪魔でなかなか映し出せない。さすがブルー、リビドーに忠実な男ですね。結局、鳥羽に精神的ゆさぶりをかけられて場所が判明しちゃうんですが、その場所はフェイクでホントの保管場所はボウケンジャーには知らされていなかった! 過去にはプレシャスを優先してメンバーを犠牲にするようレッドに命令したり、今回の事を含めて考えてサージェスはちょっと胡散臭いですな。平成ライダーのように最終的に敵にならないように祈るのみです。

 さて、再登場したクエスターですが、初登場時の憎いまでの強さはスッカリなりをひそめてしまいました。ゴードムエンジンのアンチパラレルエンジン効果も新型スーツで無効化されているのでしょう。唯一の救いは、搭乗する巨大ロボ:クエスターロボが、ガジャの作ったガガドムのように不細工でなかったことくらいでしょうか。

 今回は鳥羽役の窪寺氏の余裕たっぷりの演技がはまっていて、なかなか楽しい回でした。でも最後のカットのブルーの弾き語りは意味不明でした。勢いあまっちゃったかな。

 戦隊紹介は『激走戦隊カーレンジャー』 非常にコメディ色が強く毎回楽しく拝見させていただいた記憶があります。特に巨大化が『芋長の芋羊羹』で行われるのが印象的。6人目の戦士(!?)シグナルマンも、大塚芳忠氏の快演で非常に魅力的なキャラでした。特に愛息『シグタロウ』を想うシーンは爆笑ものでした。

 余談ですが、公開中の劇場版にプールで遊ぶ際に注意を促すメッセージが挿入されたようです。これは映画冒頭のシーンが、埼玉のプール事故を喚起させるのではないかという配慮によるものだろうが、明らかにクレーマーであることは明白。せっかくの劇場版をこんなくだらないメッセージで貶められるのは非常に残念。そんな配慮をする暇があったら、ゴールデンタイムに下ネタを連発する三流バラエティーや、殺人シーンを垂れ流す三流サスペンスを駆逐して欲しいものだ。



 『仮面ライダーカブト』第27話。ゴンの再登場の話なのだが、彼女が再び出る必要があったのか? あまりにも人格破綻者が多いこの作品において、突っ込み役である彼女の存在はありがたかったのは理解できる。しかし、再登場に当たって、彼女も人格破綻者になってはいないだろうか?

 まず、記憶を取り戻して大介に会いたくなるのは分かる、しかし、家出はおかしい。そもそも母1人子1人の家庭なのだから、まず母親に相談するのが当然である。しかも、ゴンの母親はファッション関係の仕事をしているはずである。大介とは容易にコンタクトがとれるのだ。ゴンは自分の母親の職業すら知らないのだろうか。

 サルへやってきて、バイトさせてくれと頼むゴン。サルの場所がわかるということは、以前の記憶は全て蘇っているのだろう、だったら何故サルに来たのか? ゴンは大介といっしょに行動していた、つまり、彼のお得意先も知っているのだ。金持ちの家、グラビア撮影が行われるスタジオ、大介が現れそうな場所など見当はつく。そこで待ってればいいし、以前大介のアシスタントをしていたことを覚えている人に逢うかもしれない。間違ってもサルでバイトなどという選択肢は無いはずなのだが。

 そして、見ず知らずである神代剣の所で執事(?)として働くのだが、いくら天道の知り合いだからといってあんなところで働くか、普通? とにかく、このようにゴンは失った記憶を取り戻すために、常識という大切なものを失くしてしまったのだろう。

 だめだ、まともに感想が書けない。もう、こんなどうでもいい話がだらだらと続く構成は止めて欲しい。昭和ライダーの1話完結で毎回1怪人が登場、敵は悪の秘密結社で世界征服を企んでいる。といったようなフォーマットに戻してくれんかな…。あと、ライダーは1人だけ。ロンリーヒーローでやって欲しい。たまたま成功したクウガの真似をして妙な続き物にしてしまったのが平成ライダーの最大の欠点ですね。



 今回は時間が無かったので、プリキュア感想は別にやります。しかし、ライダーは批判しか書けん…。真面目にヒーローを描いてくれよ、頼むから。

轟轟戦隊ボウケンジャー プレシャスアルバム2 ソングコレクション
轟轟戦隊ボウケンジャー プレシャスアルバム2 ソングコレクション

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(9件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
仮面ライダーカブト27
田所さんはお誕生日休暇(違)な今回のカブト27話。 山口祥行、ハッピーバースデー。 部下がアフォ丸出しで『加賀 美新』とか『加 賀美新』とか ほざいて言ってますよ。早く帰って来て!! ...続きを見る
§相棒馬鹿
2006/08/07 16:18
ボウケンジャー&仮面ライダー task23 27話 感想っ!!!
予告編でチラッと見えましたが! カブト、ザビー、ガタック、サソードvsドレイク! まさにライダー地獄絵図! 予告で見る限りは どーみてもリンチ!!ですが、5人そろったライダーは壮観!! すんごい来週が楽しみっ! ...続きを見る
根暗の自己満特撮ブログ
2006/08/07 17:56
Boukenger task23
今回の物語はブルーくんの物語。ここのところすっかり影が薄くなっていた蒼太であるが、メインといっても影が薄いのは...?今回のゲストは「セーラームーン」でクンツァイトを演じていた窪寺昭さん。ということで、今回のBGMは「美少女戦士セーラームーン オリジナルソングア.. ...続きを見る
MEICHIKUえんため・ぶろぐ
2006/08/07 19:39
Masked Rider KABUTO #27
高校野球が始まったが、本日は開会式ということで、「ライダー」はお休みとならないABCです。例年はこの時期は2回高校野球のためにお休みになって変速日程での放送になるのだが、今年は始めから1回限りということが分かっている。(雨天中止となれば、場合によっては今年は「.. ...続きを見る
MEICHIKUえんため・ぶろぐ
2006/08/07 19:41
ボウケンジャーTask23あぶない相棒
さくらはアクセルラーで、暁はコンピュータを使い、蒼太と連絡を取ろうと思っているようですが、繋がりません。映士、真墨、菜月は外に聞き込みに行っているようです。映士は大袈裟と言っていますが、何かを感じたようです。地面に手を触れ、集中して何かを感じようとして... ...続きを見る
MAGI☆の日記
2006/08/07 19:53
今週の冒険者 #23
今日の主役は……そうそう蒼太。サブでオレサマ。行方不明の蒼太を探して、チーフはパソコンから緊急コール、さくら姐さんはアクセルラーで繰り返し電話、残りの3人は地道な聞き込み。3人一組の効率の悪い聞き込みでは、菜月が真面目に写真を見せて周り、真墨はその周りをうろうろ ...続きを見る
振り向けば二次元
2006/08/07 20:33
仮面ライダーカブト
第27話 今回は…大介、指名手配!?嘘だろ!? ...続きを見る
デバイス!マキシマム ブログ
2006/08/07 21:32
轟轟戦隊ボウケンジャー 「Task.23 危ない相棒」
『可愛いでしょ、あの娘。(⌒〜⌒)ミスサージェスのチカちゃん! ...続きを見る
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!...
2006/08/08 20:33
仮面ライダーカブト 27
『三島さん、いいんですか?ワームなんかと手を組んで。 大体、あんな奴本当に信用できるはずが・・・』 ...続きを見る
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!...
2006/08/11 00:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
スーパーヒーロータイムの感想 8.6 Just Another Day/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる